35歳からのAKB

気がつけば、35歳。よく遊んでいた友達は転勤や結婚で疎遠になり、一人の時間が増えて行きました。 その時間の一部を埋めてくれたAKB48。彼女たちについて、いろいろ考えてみたい。

2016年上半期AKB48心に残った一言②「誰かのストーリーの一部になりたい」

「誰かのストーリーの一部になりたい」
 
15期生、福岡聖菜の45thシングル選抜総選挙後のshowroomでの一言。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【冒頭部分の発言起こし(一部編集)】
 
(総選挙でランクインできなくて)悔しかった。ガチで、自分のことだと思って臨んだのは初めてだったから。
 
総選挙に立候補したことは後悔してない。
今回は熱くなった。
熱くなれたからこそ、来年あったら頑張ろうと思える。
去年の気持ちのまま出てたら、そのまま終わってた。
 
80位から呼ばれたじゃないですか。
65位が目標だったから、そこまでと思いながら待ってた。
65位まで発表が終わって、もうちょい上と信じたかった自分と、もう無理かなと思う自分もいた。
 
ランクインした人がスピーチしてる時、全然笑えてなかった。
 
(69位で)めぐがスピーチして、自分が映像抜かれた時、自分で笑えてないのに気づいた。
悔しい気持ちが強かった。
 
64位からは一人でポロポロ泣いてた。
なーにゃ(62位)、嬉しい気持ちもあったけど、悔しい気持ちの方が大きかった。
 
一人で泣いてて、だれか気づいてくれないかな、と思ってた。
そしたら、まなみが来てくれて、抱きしめてくれた。
それでガーって泣いた。
はける?って聞かれたけど、絶対はけたくなかった。
 
まなみが来てくれて、少し落ち着いて、来年目指そうと思った。
 
こみの発表の時、本当にうれしかった。
33位で呼ばれなくて、もっと上、もっと上と思った。
 
21位でこみが呼ばれて、立っちゃった。自然と立っちゃった。美音と二人で。その時は素直に笑えてた。
 
前日にこみのドキュメンタリー見てた。
いつも美音と3人でいっしょにいた。
でも、こみのためにできてないんじゃないか?と思った。
悔しくて。一緒にいたはずなのに映ってなかった。
自分で発信しないと、人の物語にいないんだな、と気づいた。
 
人と関わって、ただ一緒にいるだけじゃなくて、一緒に考えていくことが大事だなって思った。
今までは、つもりだけだった。もっといろんな人と話さなきゃいけない。
 
こみのランクインした時、他の15期が映っている中、自分が映ってないの嫌だった。悔しかった。
でも、こみのは本当に嬉しかった。頑張ってたところ見てたし。
 
次は選抜発表って時、美音が一人で考え事してた。
近寄れなかった。どう声をかけたらいいか分からなかった。
こみが泣きそうになってた時もかけれなかった。
もっと声かけられるような、考えを持てるような人にならないとなと思った。
 
美音13位、一番泣いた。
「第2章の中心メンバーとして支えていきたい」というスピーチを聞いて、
そういう思いを伝えられない今の自分に気づく。
たくさんの人に声を伝えるためにも、あの壇上は大切だと思った。
でも、第2章に、ランクインしてないから関わらないのもおかしい。
逆に今から、上を目指して、考えて動いていかないとなと思った。
 
今まで、他人行儀でいたところがあった。
もっと動かないとなと感じた。
自分のいる場所がわかった。
ここが自分のプラスになる成長できる場所だとわかった。
 
今から動かないと。
髪切ったのも初心に戻ってやりたいと思ったから。
もっと変わらないとなと思った。
 
誰かのストーリーの一部になりたいと考えてた。
 
この子がいてくれたから救われた。
この子が隣にいてくれたからこれができた。
と思ってもらえる人になりたいと思った。
 
後日、美音と話した時、
私、こみと仲いいと思ってたけど、ドキュメンタリーに映ってなくて、ストーリーに入れてたのかな?
って聞いてみた。
そしたら、美音が、
「せいちゃんは私のストーリーには欠かせない人だし、これからいろいろな人と関わっていろいろな人のストーリーの一部になっていこうね」
って言ってくれた。
 
自分からもっともっと発信していこうと思った。
こみと美音は本当に尊敬する人。
心機一転がんばっていきたい。
 
3年は無駄ではなかった。
パフォーマンスが良くなってきてるとも言ってもらってる。
進化していきたい。
 
選挙結果発表前のコンサートでも「センター目指してます」って言った。
勇気が必要だったけど。
 
未来は今。
10秒後がすぐ来るように、1年後もすぐ来ちゃう。
今をもっと全力でがんばります!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
その後、具体的に何をするかをリスナーと話し合い、これからすることを決めていた。
 
現在、握手会は3部に増え、完売率も同世代トップクラスとなっている。
11月3日のAKB48秋祭りで新シングルのカップリング曲のセンターになったことが発表された。
彼女のがんばりが着々と成果に結びついてきている。
 
総選挙って残酷な一面もあるけど、人を大きく成長させるんだなあ。
15期の、親友でありライバルでもある関係性がとても素敵だなと思う。
みんなで、これからもっともっと大きく育っていってほしい。
 
映像で見ると、より感動するから、ぜひ探して見てほしい!