35歳からのAKB

気がつけば、35歳。よく遊んでいた友達は転勤や結婚で疎遠になり、一人の時間が増えて行きました。 その時間の一部を埋めてくれたAKB48。彼女たちについて、いろいろ考えてみたい。

8/13 AKB48大握手会(横山結衣、瀧野由美子、歌田初夏)

さあ、いよいよ最終日!
今日は暑くなりそう。。
 
◼️A1部 横山結衣
今日は女性らしい感じの格好。
ちょっと緊張する。
昨日は全然しなかったのに。w
やっぱりファッションって大事なんだな。
 
(おはよう)
 
「おはよう」
 
(寝れた?)
 
「いっぱい寝た!」
 
(今日、かわいいから緊張するわ〜)
 
「何それ!笑」
 
(今日、何話そうかなあって。そしたら、見つけました!)
 
「お!」
 
今日はね、おれが君のモバメを登録した日なんです。去年の今日。)
 
「おお!」
 
なので、今日はこの1年を振り返ってみたいと思います!
 
「いいね!」
 
(まず、去年の今日。
やっぱり握手会やってた。)
 
「そうそう」
 
そんな感じで一年分w
 
 
◼️A2部 瀧野由美子レーン受付
今日はさすがに違う人だよな。
列に並ぶ。
顔を上げる。
きたああああああああ。
昨日のコ!!
昨日、3回も話してたら、もう知り合いですよね?
ということで、
 
(あれ、昨日もいましたよね?)
 
「はい!」
 
(素敵な笑顔に癒されてました。)
 
「え!ありがとうございます!」
 
ここまでで最高の笑顔。
 
棚ボタ、ごちそうさまでした。
 
 
 ◼️A2部 瀧野由美子
(おはよ。いよいよ3日目だねえ。)
 
「そうですねえ。よく寝れました?」
 
(うん、大丈夫。今日も楽しもうね。)
 
「はい!」
 
◼️間が空いたので、ホテルに戻ってしばし執筆。
 
◼️A6部 瀧野由美子レーン受付
あ、受付の子、変わってる。。
一期一会とは、まさにこのこと。
 
 
 
◼️A6部 瀧野由美子
(こんにちは)
 
「こんにちわ」
 
(そういえば、おれの名前覚えてる?)
 
「覚えてますよ〜」
 
「た!」
 
(お!)
 
「たーーー・・・」
 
(く)
 
「そう、たくさん!」
 
「でも、すごくないですか?一文字覚えてましたよ!」
 
(う、うん、すごいね。)
 
ゆみりんワールドにはかないません。w
 
 
◼️A6部 横山結衣
ちょっと寒くなってるからか、アディダスのジャージをはおってる。
 
(あれ?レッスン?)
 
「ちーがーうわー。」
パンチする真似。かわいい。
 
(3日間、お疲れさまでした。)
 
「お疲れさまでした〜。」
 
(この3日間、どうだった?)
 
「楽しかった〜」
 
(おれも楽しかった!いっぱい元気もらったよ。)
 
「よかった。こっちこそありがとう。」
 
 
 
◼️B7部 歌田初夏
(こんばんわ。)
 
「あ!こんばんは。」
 
(あの後、変な大人に説教とかされなかった?)
 
「大丈夫ですw」
 
(よかった。)
(AKB楽しい?)
 
「はい!」
 
(これから、どうなりたいとかある?)
 
「もっと上に行きたい。」
 
少女の目の奥に強い光が走った。
 
(また来るね)
 
「うん、きっとまた来てくださいね!」
 
やばい。。(チョロい)
 
 
◼️A8部 瀧野由美子
 
「あ、たくさん!」
 
(お!嬉しいねえ。)
 
「へへーん」
 
(3日間どうだった?)
 
「ちょ〜、楽しかったです!」
疲れてないですか?」
 
(全然!)正直、ちょっと疲れてます。。
(君は?)
 
「ぜーんぜん!楽しくって!」
 
(さすが。
 
「徳島!待ってますね!」
 
 
今日は初めて、お見送りまでいることにする。
 
最後の人が終わると、まず、誘導やはがしなど回りのスタッフに遠くから見てよく分かるほど深くお辞儀。
 
そして、我々の方には、手を大きく振るとともに、姿が見えなくなるほど深々とお辞儀。
 
なんか、感動。
 
この素朴さ、礼儀正しさに高い年齢層もひきつけられているのだろう。
 
握手列に並んでいた人もお見送りをする人も、若者から年配までバランスがいい。
 
 
 
外に出ると、風が心地いい。
最後にとても美しいものを見て、心洗われた気分。
 
 
帰宿。
ホテルに戻ってまったりしてると、チーム8 で打ち上げをしてる様子が755に次々に上がってくる。
 
おお、楽園じゃあ!
 
そして、その時、じゃんけん大会をやって、またも、はっつが一位だったとのこと!!
 
昨日、負けたのは、
16期がめっちゃ強いのか?
チーム8がめちゃくちゃ弱いのか?
何か大いなる意志が作用しているのか?
 
大いなる喜びへの布石と信じたい!
いずれにせよ、はっつ、すごい!
 
(755より)
よこゆいも興奮気味。w
 
 
目を閉じると、この3日間の思い出が次から次へと思いだされてくる。
 
楽しかったあ。。
 
これを元気の源に、これからがんばってこう!!