35歳からのAKB

気がつけば、35歳。よく遊んでいた友達は転勤や結婚で疎遠になり、一人の時間が増えて行きました。 その時間の一部を埋めてくれたAKB48。彼女たちについて、いろいろ考えてみたい。

9/2 「君も8で泣こうじゃないか」公演を見て泣かされた。(オンデマ)

どうしようかと思ったけど、やっぱりリアルタイムで見ることに。
推しメンは出ないけど、推しチームだもんね。


前座.星空を君に (新広島県代表)
堂々とパフォーマンスしてる。
即戦力だな。
広島、おそるべし。


M00.overture ※映像つき
M01.47の素敵な街へ

いきなり!
はい、せーの!!

 

M02.Reborn
M03.抱きしめちゃいけない
M04.鈴懸なんちゃら

”君の微笑みを夢に見る
僕は理由を知りたい
目が覚めた時に胸のどこかが
切ないのはなぜだ?”


この繊細な感情。
泣かせる。

歌詞を聞かせる曲が続く。


M05.思春期のアドレナリン

■自己紹介MC

M06.涙に沈む太陽 (大西桃香太田奈緒・髙橋彩音)
高橋彩音、帽子を落とす。
しかし、動揺見せず。
たいしたもんだ。


M07.誰が私を泣かせた? (佐藤栞・岡部麟・吉川七瀬)
ワンピースがかわいい。


M08.私は私 (倉野尾成美)
”恵まれいて幸せだとわかってる
立ち止まったら歩けなくなってしまうから
頑張って 私は歩く”

気持ちの込もった歌唱に、泣く。


なるちゃんが涙ぐんでるのを見て、また泣く。


最後、彼女のほおを伝う涙に、さらに泣く。

 

もう、勘弁してください。。


M09.てもでもの涙 (早坂つむぎ坂口渚沙・小栗有以・大西桃香)
いっぱいいて、びっくり。
やたらどアップが多い。
しかし、アップに耐えうる若さ、美しさ。


M10.Cry (岡部麟・下青木香鈴人見古都音山田菜々美)
はあ、早くよこゆいを見たい。。


M11.この涙を君に捧ぐ (長久玲奈・髙橋彩音早坂つむぎ・佐藤栞・太田奈緒清水麻璃亜)


■MC (坂口渚沙・岡部麟・吉川七瀬・小栗有以・大西桃香倉野尾成美)

集合写真撮影
クジ引き

M12.恋愛総選挙 ※クジに当たった大西桃香が曲中に告白
M13.チーム8推し

びっくりした!
でも、よく考えるとチーム8にピッタリな曲だな。


■MC

M14.一生の間に何人と出逢えるのだろう

トップリードが登場し、アンコール発動
「彼女たちががんばっているからこそ、彼女たちに追いつこうと、僕たちも一生懸命、仕事をがんばれるのです!」

グッときた。
また泣く。


EN01.僕たちは戦わない
なんか、いつもと違うなと思ったら、
やっぱり、よこゆいの振り付け。
この曲をパフォーマンスする彼女を早く見たい。


EN02.生きることに熱狂を!

太田奈緒、作文朗読

EN03.夢へのルート
あおきー公演で複雑な思いで見たこの曲。
そう、やっぱりこの曲は彼女たちのもの。

“絆はやがて縦に広がり
順位が生まれてた
速い 遅い
差ができた”

胸をチクリと刺す歌詞。

 

”ゴールまでの長いルート
みんなそれぞれだよ
遅くたって確実な道を選ぶ人もいる
走り方が美しいと
評価もされるだろう
流した汗の量も
誰かが見てるよ”

そして、優しい歌詞。

 

今日はよく目から汗をかく日だ。

 

トップリード登場。次回ツアー発表!
奈良!

山口だと思ったんだけどなあ。
でも、東日本より近いし、大歓迎だ!!
今から、幸運ためておかないと。。


今日のベストパフォーマンスは、やっぱりなるちゃんの「私は私」だよなあ。
一番泣いた。

かわいらしいルックスに目が行きがちだけど、あの気持ちが前面に出てくるあの熱さ、表現力もまた素晴らしい。


あと、なんかキラキラ感すごいなと思ったら、前公演でありえなかったセンター3人が一緒にいるんだよな!
なぎ、なる、いくみん。
そして、前公演中に一気に上がってきたゆいゆいがフロントでパフォーマンスする贅沢さ!
プライスレス。


所詮、たいした公演じゃないだろうと思ってたら大間違い。
すごくいい公演だった。
ここ最近、ミネルヴァや神曲縛りなど、ダンスガツガツな公演ばかりで先入観があったが、こういう、じんわりくる公演もいいなあと思った。

 

表現力が問われる曲が多いので、公演を経るたびにどんどんよくなっていきそう。

楽しみ!!!

 


いやあ、感動した!
ありがとう!トップリード!!

ありがとう!チーム8!!