35歳からのAKB

AKB48グループのオタ活2年目。絶賛迷走中です。

葛藤

昨日(10/7)は青森でチーム8の外イベ。

言わずもがなの横山結衣県。

どうしても外せない仕事で行けず。

7月も忙しかったが、彼女のイベントには休みがぴったりあってた。

これも、ご縁か。。



この夏まで、推しが揺らぐことはなかった。

しかし、7月末の青森公演に向けての外イベ月間を超え、お盆の3日連続握手を終えると、ぱったりイベントがなくなってしまった。

その穴を埋めるべく、他グループに触手を伸ばしたのが葛藤の始まり。

 

SKE伝統の全力感、オタの熱さに触れ、衝撃を受ける。

一途であり続けたいという思いがありつつ、他のメンが気になる。

メンバーだって、いろんな人と握手してるじゃん、と正当化して、他のメンに会いに行く。

それはそれで楽しいのだが、何か大切なものを失っているような気がして落ち着かない。



そして、さらにHKT。

何気に申し込んだ若手メン中心のフレッシュコンサートin博多座に当選。

当選率数%の生電話にも当選して、無駄に運命感じてしまう。

コンサートでは、なんか、ほぼ涙ぐむか、泣いてた。

 

なんでだろう?

 

楽曲がよかったからか?

全員がセンターの曲があって、それに懸命に取り組んでいたからか?

やたらと危機説が流れるHKTの現状の必死さからか?

 

答えはよくわからない。

だからこそか?彼女たちのことをもっと知りたくなってしまった。



今まで、推しのところに来るDDを嫌悪していた。

しかし、今の自分のやってることは彼らと変わらないんじゃないか?

自分はどうすべきなんだろう?


うーん、よく分からない。

 

でも、今は、「どうすべきか」よりも「どうしたいか」を大切にやってみようかなって気分。



あと、距離的に近いってのも大きいんだろうか?

東京に行くのに比べると、劇場までの時間は1/5、交通費は1/100。

近くに住んでるってのも親近感が増すのだろうか?



翌週、間髪入れずに劇場公演当選。

めちゃ楽しかった。

気になる優先順位がほぼ固まる。



そして、昨日。

仕事の合間にツイッターを見ると、タイムラインは青森での外イベであふれている。

よこゆいの笑顔。

755では、イベントに行った人のやじコメが次々と引用されている。

 

アイカブを開いて、持ち株の大半を売りに出す。

思えば、4/17のアイカブスタートから、彼女の株を初めて売りに出したな。

ちょうど、買い優勢のタイミングだったので、すぐに約定する。

その枠でHKT研究生の株を購入。

彼女にハマれることを祈る。

 

少し気持ちが軽くなった気がした。

 

翌週のHKT劇場公演にも当選。

週末には握手会も控えている。

 

これからどうなっていくのか?