35歳からのAKB

AKB48のオタ活3年目。未だ道半ばです。本の感想、始めました。 https://morisakitaku2.hatenablog.com/

2019年AKB48福袋会場販売・AKB48劇場デザインチケット抽選くじ

f:id:morisakitaku:20190101213329p:image

 

元旦にその年の運を使い果たすで有名な私、またやってしまいました。。


過去の栄光。 

morisakitaku.hatenablog.com

 
・・・・・


まだ眠い。。

しかも、寒い!!


しかし、行かねばなるまい!

 

8:30頃

秋葉原駅着。

UDXへのエスカレーターを昇る。

おお、新年早々、並んどるわ!

UDX側壁中央あたりで待機。

 

9:00

会場入口にたどり着く。

 

9:10

会場の液晶画面に「最強ツインテール」が映る。


もえか。。

やっぱり、華があるよなあ。。

 


次は、「夢へのプロセス」。


ずっきー。。

イカブ選抜をかけたあの熱い戦いの思い出が蘇ってくる。。

 

9:30

会場内へ。

風がない分、ちょっと温かい。


だれかが当たった時に鳴る鐘の音に、焦りが増す。。


購入してから逆サイの列で抽選か。

そういえば、福岡でもそうだったな。


抽選待機列の人たちが福袋から生写真を取り出して楽しそうに見ている。。


おれも早く見たい!!

 

10時頃

あと1列。


きた!


10:15

受け取れた!3つ。

事前申込特典の生写真をチェック!

推しはだれもいない。。


ま、抽選に運をとっとかなきゃいけないしな!


しかし、抽選、混んでるなあ。。


時間かかりそう。。


なので、ゴソゴソと個別ランダムアイテムをチェック!

ずっきー絵馬、きた!!


f:id:morisakitaku:20190102035435j:image


運気が上がって来ている気がする!

 

テスト選抜の曲が映る。


この曲、いい曲だな。。

 

10:45

いよいよ運命の時が近づいてくる!

抽選カウンターから声が聞こえてくる。


「1等です!おめでとうございます!」

「えっ!うそ!」


いいなあ。。

 

10:50

あと1列!

鐘の音が胸をざわつかせる。


スクリーンにはちょうど猫アレルギー!

幸先いいぞ!

10分経過。。

ああ、権利登録、ここで抽選と同時にしてるのか。

そりゃ、混むはずだよ。。

 

お、ついに、おれの番!


このipadのスロットみたいなやつでやるのか。


よし!

ボタンを押す。

揃った!


「おめでとうございます!」


何が当たるんだろう!?


おお!!

下半期の98中券!!


残り2回はステッカー。


係員が権利登録に後ろの机に行ってしまう。


すると、場内アナウンス。


AKBドラ3の、おかりな、ゆずか、くまさんがここからお手伝いとのこと。


目の前に、くまさん。

近くで見ると、めっちゃ白くてきれい!


おれの両隣りも係員が権利登録に行ってしまって、せっかく賑やかしグッズを持ってるのに困ってるくまさん。。


(困ったねえ。。)

「うん。。」


声をかけたはいいが、くまさんのことをよく知らないので、話すこともない。。

 

係員さんが戻ってくる。

「じゃあ、こちらにサインお願いします。」


くまさん「あ、すごい。」


係員さん、手続きに戻る。


取り残されるくまさん。。


「店員さ~ん」


去っていく、くまさん。。


なんか、味わい深かったわあ。。w

(くまさん、言いたいだけ。)

 


会場を出て、権利券を愛でる。。

f:id:morisakitaku:20190101214305j:image

有効期間は2019年8月から2020年1月まで。

千秋楽、初日では使えないという。

じゃあ、生誕か。。


矢作萌夏誕生日 7/5

多田京加誕生日 8/19

山内瑞葵誕生日 9/20


京加かずっきー。

遅れたら、もえかもワンチャンあるな。。


しかし、固まりすぎやろ!w

 

ん?

UDXから劇場の方に降りていくと、なんか並んでる。

立て看板を見ると、

「デザインチケット最後尾」

とのこと。

なんだ?

AKBオフィシャルブログをチェック。

書き初めや元日公演キャンセル待ち権が当たるという。

こんなのあるんだ。

12時半から。

1時間待ちか。。


やってみるか!

 

待機。

日が差さないから、冷えるなあ。。

足もちょっと痛くなって来た。。

 

 

12:30

列が動き始める。


動くのが早い!

ドンキのエレベーターをどんどん上がっていく。


劇場ロビーへ。


受付をチラ見ると、

机いっぱいにデザインチケットが並べられている。

この裏に当たりかハズレか書いてあるのね。

了解。

 

 

12:45

おれの番!

「2枚どうぞ。」

(じゃあ、これとこれで。)

祈りながら、めくる。

 

f:id:morisakitaku:20190102073310j:image

※処理後なので、アタリに黒線。

 

「あ!あたりです!おめでとうございます!」

(え!ありがとうございます!)

店員の子も喜んでくれる。

うれしい。。


隣の机へ。

なんか、くじを引くみたい。

 

(じゃあ、これで。)

「書き初めが当たりました!」

(あ、ありがとうございます。)

「この用紙に必要事項の記入をお願いします。」

推しメンが書いた書き初めを手渡しされる権利、とのこと。

念のため、聞いてみようか。。


(あの、推しメン、3人いるんですけど。。)


「すみません、一人だけになります。。」


(ですよね。。)


お兄さん、丁寧な対応ありがとうございます。。

 

控えを熟読。

f:id:morisakitaku:20190101220002j:image

初日、千秋楽では使えない。ふむ。

98中券と一緒だな。


え?生誕祭使えるの!?

しかし、期限は3月末まで。。

うちのコたちの生誕には使えないか。。

たしかに、夏まで行ったら、もはや書き初めじゃないもんなw


さて。

いい感じのまま帰るか。

 


帰宅。

 

寝落ち。

起きたら真っ暗。

 

急いで執筆しながら、元日公演を見る。


恒例の書き初め。

 


二人とも、らしくていいわあ。

これがもらえるのか?


アナウンスで、今日の観客が抽選でもらえるとのこと。

え?じゃあ、おれがもらうのは、一体なんなんだ!?「初め」じゃないじゃないか!!

(うざいw)


まあ、劇場公演後に手渡しでもらえるんだったらなんでもいいよなw


でも、京加のは、今のところ、純粋な書き初めか。。

プレミアム。


うーん。。


もはやあまり劇場公演に出ない3人だから、出演状況を見ながら判断だな。。

 

ちょうどいいタイミングで京加のshowroom

今日もおもろかったわあ。。

 

 

今年も素敵な元日をありがとうございました。

今日の感謝を胸に、謙虚に生きる一年にしたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。