35歳からのAKB

気がつけば、35歳。よく遊んでいた友達は転勤や結婚で疎遠になり、一人の時間が増えて行きました。 その時間の一部を埋めてくれたAKB48。彼女たちについて、いろいろ考えてみたい。

STU48の初お披露目を見て来た!(FFフラワーフェスティバル)

(待ち時間長かったんで、前段長いです。すみませんw)


世の中はゴールデンウイークですか。。
ま、おれにとってはただの3連休ですけど!
6・7が仕事って、どういうことなんだ!!
本当はそこでのイベントが一番大事なのに!

いや、いけないいけない。
こうやってオタ活できるのも、仕事のおかげ。
短期は損気。
ありがたいありがたい。。

 

この苛立ちをどこかにぶつけなくては!

・・・

 

そうだ、広島行こう!(強引w)

 

STU48の初お目見えイベントがある。

 

ここ最近、いろんなイベントに行って、オタ歴によって感動の温度差があるのは感じていた。
4日前のチーム8の鹿児島でも、「みゆゆん来てる!」「萌たん来てる!」って興奮してる声が周りで聞こえてた。
もちろん、元メンバーってのは知ってる。
でも、リアルタイムで体験してないから、思い入れや愛着はほとんどない。
そういうのリアルタイムで体験してたら、もっと感動するんだろうなってうらやましく思ってた。

 

比較的近くに新しいグループが立ち上がるのも何かの縁。
STU48の初お目見えイベント。
オーディションの時からshowroom見てるし、ここ行ったら、STU48最古参ってことでいいですよね?w

 

新幹線の中でチーム8 山田杏華の初showroomを見る。
画面映えするし、声もいい。これはいい。
朝8時からってのも新しいw

 前にちょっとモデルやってたって言うから、金持ちのお嬢様かと思ったら、全然普通。二段ベッドにジャージ。4人の長女。
我慢強さも持ってるだろう。

 この子はマジですごくなるかもしれない。。

 いつの間にか寝ちゃってたら到着。
バスに乗り換える。

 

f:id:morisakitaku:20170503160936j:image

 

本当に来てしまった。。
体が重い。。
日曜からの疲れが全然抜けてない。w

 

9:45
座見席、早くも1/3埋まってる。
でも、意外と日差しがやばい。
コンビニで帽子がわりのタオルと日焼け止めを購入。

 

座見席がいっぱいになる直前まで日陰で待機。

さあ、あと5時間。何しようか?w
いい機会だから、いろいろ考えるか。

 

11:00
オープニングセレモニー開始。
だんだん日差しも強くなってくる。
日差しの下に出る勇気が出ない。。w

 

アイカブチェック。
配当いっぱいもらえるからお金があまりがち。
チーム8 鹿児島公演で佐藤栞、太田奈緒株を衝動買いしちゃたから株保有枠も残りわずか。
となると一株あたりが高い株だよな。
ということで、みーおん株を買い増し。
こんなもんか。

 

しかし、初日、78ylだった横山結衣株が今や2,000ylに届きそうなんだもんな。

やはりスタートダッシュゲーだったな。

 

12:00
屋台で焼きそばと焼肉串。
うまい!
こういう時の屋台のやつって、なんでこんなにうまいんだろうw

 

13:00
そろそろあの日差しの下に。。
いや、もうちょっと。。

 

14:00
よし、覚悟を決めよう!
座見席で場所どり。
日差しがやばい。

 

15:03
きた!
真ん中に岡田奈々。隣に初楽曲のセンター瀧野由美子。
岡田奈々のあいさつからのエリアごとの自己紹介。
瀧野由美子、岩田陽菜、森香穂、門脇実優菜の歓声が一際大きかった気がする。

 

自己紹介の後、初楽曲の楽曲名公開。

 

「瀬戸内の声」

 

なんか、良さそうな予感。

 

そんなこんなであっという間にお時間。

 

岡田キャプテンのあいさつ。お見事。
一般の人が「しっかりしてるなあ、さすがリーダーだね。」
そう、そうなんすよ、彼女、めっちゃしっかりしてるんすよ。なんかうれしくなる。AKBが完全に身内感覚になってる。

 

一堂はける。
メンバーがぎこちない笑顔で手を振るなか、キャプテンは客席に一礼、司会者にも丁寧に挨拶。
本当に、彼女のこういうとこ素敵だと思う。
すごく美しいものを見させてもらいました。でも、岡田さん、やりすぎに注意ですよ。

 

しかし、ほぼアウェーの中、一人で、

「世界で一番かわいいよ!」
と大声で叫ぶガチヲタのハートの強さに改めて圧倒される。
最強。
この世で最も敵に回してはいけない相手だと再認識。

 

STUのメンバーは12歳〜14歳が多い印象。

まさにこれからか。

 

今、チーム8 推しは揺らいでいないが、いつか彼女たちにのめり込む時が来るのだろうか?
STU48最古参として彼女たちの活動を見守って行きたい。
(最古参って言いたいだけw)